領民の安寧が先だった大庄屋

織田信長や豊臣秀吉らと面会して『日本史』を記したポルトガルのカトリック司祭ルイス・フロイスに、「彼ほど心からデウスの教えを愛し、司祭やポルトガル人達に多大な愛情を示した者はいなかった」と言わしめたのは、洗礼名ドン・フランシスコ(普蘭師司怙)の大友宗麟です。大友家は、初代能直(よしなお)の時に源頼朝の寵愛(注1)を受け、豊後国(大分県)大野荘に地頭職を与えられ、豊後守護にも補任されて同国における大友一族の基盤を形成しました。21代当主・宗麟の時代には現在の福岡県、大分県、熊本県にまたがる北九州六国を治め、海外貿易によって莫大な富を得ることになります。しかし天正6年(1578年)に起きた「耳川の戦......

POSTED:2022/2/17
Read More

「はやぶさ」の伏線を引いた人たち

今は「立憲民主党」と改名した「民主党」が政権を担当していた時代の最も記憶に残るフレーズは、「2位じゃダメなんでしょうか?」これは、国籍詐称でも話題になったタレント上がりのR議員(名前を書くのも不愉快なので略称)が、事業仕分けに邁進しているときに発した台詞です。国と地方の財政赤字合計は1100兆円でGDPの2倍にもなりますから、ムダを削ることに反対する国民は皆無でしょう。しかし、問題はこの国の未来にどのような長期戦略を描いて「仕分け」を行うかです。しかし、R議員ら旧民主党が行った「事業仕分け」は党の存在をアピールするパフォーマンスであった意味合いが濃いものでした。例えば、今では世界が期待している......

POSTED:2019/2/21
Read More

村民のために4日間生きた警察官

2018年9月9日、岐阜市内の養豚場で豚コレラウイルス陽性の豚が確認されたとのニュースがありました。同養豚場では前日までに約80頭が死んだとのこと。豚コレラは豚やイノシシに感染する病気で、人への感染はないという。今回の発生は1992年の熊本県で確認されて以来26年ぶりのことです。熊本県出身の著名人といえば、勝海舟に「俺はいままでに天下で恐ろしい人物を二人見た」と言わしめた一人の横井小楠は熊本市内の生まれですし、世界で初めてペスト菌の発見に成功した北里柴三郎は阿蘇郡の生まれです。俳人の中村汀女も熊本県の生まれ。ここに記した偉人たちは小説や演劇の題材にもなってよく知られていますが、本稿で挙げたい熊......

POSTED:2018/9/25
Read More

武士の情け

師走になると日本各地で演奏される「第九」はもうすっかり日本の風物詩。季語にもなり、TVで特集が組まれたり映画にもなりましたから、その淵源が第一次世界大戦時のドイツ人俘虜にあることは今ではよく知られています。そのドイツ人を収容した板東俘虜収容所の所長が、本稿でとりあげる松江豊寿陸軍少将でした。1914年(大正3年)9月1日、中国山東半島北側に上陸した日本陸軍第十八師団(約28,000名)はわずか2ヶ月でドイツ軍に白旗を掲げさせました。想定外に短かった戦いのためそしてその人数の多さのため、日本側には降伏した約4700名のドイツ人俘虜の収容施設は全く用意ができておらず、連れて来られた彼らは日本全国に......

POSTED:2018/8/15
Read More

Back To Top